研究室・スタッフ

トップ > 成田研究室

midashi成田研究室

■プロフィール■

東京都大田区出身。1988年東京理科大学工学部電気工学科卒業、1990年同大学大学院修士課程を修了、同年東京電力株式会社入社。
現場第一線職場にて3年間、架空送電線の保守・工事に従事後、技術研究所電力研究室に異動。主に雷現象解明、電力設備の耐雷設計合理化に関する研究に従事。その後、支店の設備環境技術担当、現場第一線職場の管理職、福島勤務、本店送電設備保全担当、東京理科大学非常勤講師を経て、2016年から湘南工科大学教授。2017年から学科長。

特技:鉄塔登り
学位:博士(工学)(東京大学)「UHV架空送電設備の雷撃被害推定に関する研究」
所属学会:電気学会(上級会員)、日本大気電気学会、日本気象学会、電気設備学会

■担当講義■

【学部】

1.電気回路2

電気回路は電気電子工学科のカリキュラムの全ての科目の基本です。電荷や電流、電圧、電位などの基本的な概念から始まって、オームの法則、キルヒホッフの法則など回路の基礎や回路方程式を扱います。また、交流回路では、複素数表示とフェーザ表示、インピーダンスとアドミタンスの計算、直列回路と並列回路の共振現象など、正弦波交流回路の基本を学びます。

2.送配電工学

発電所から変電所・送電線・配電線を経て需要家にいたる電力系統の内、送電線部分の送電方式・送電設備・送電特性について講義する。電力を効率よく送る方法とその原理、安定手した電力を送電するための基礎理論を理解するとともに、実際の送電設備に関する知識を身につける。

3.発変電工学1

近年、電力化率は40%を超え、電気エネルギー時代となりつつある。地球環境問題にも、各種エネルギー源からの発電は大きな問題となっている。環境と共生した社会の確立のためには、どのように電力が作られ、変電されて利用者の元に来るのかを把握しておくことが必要である。エネルギー全般を概括し、引き続き水力発電、火力発電、原子力発電について詳しく学ぶ。

4.電気設計及び製図

回転機の仕組みから絶縁材料の温度特性や熱伝導を理解するとともに、回転運動の基本と応用、電気機械損失や効率を学びます。また、技術者として自分の意志を伝える手段としての設計製図を実習することにより習得します。

5.電気工学実験

電気機器工学、発変電工学、送配電工学の基本および応用テーマに関する実験において実際に機器を動作させ、その動かす手法、手順、理論と実際の相違等を経験し、同時にその動作原理、各種変換特性を理解する。


■最近の研究■

1.落雷位置標定装置のアジアへの展開

落雷から発生するVLF帯の電磁波をキャッチするセンサーを国内40カ所、アジア12カ国に設置し、それをインターネットによって収集することにより、到達時間差から落雷位置を算出するシステムを構築した。アジアの雷放電位置情報をリアルタイムで無料公開中。 リンク先


■卒業論文のテーマ■

・VLF帯空電観測を用いた雷放電位置標定装置の精度向上検討

・雷放電位置標定装置の精度評価、災害防止への適用

・雷放電マップの作成や気象データ分析による雷現象解明

・再生可能エネルギー

・架空地線点検ロボットの開発


■最近の発表論文■

[1] T.Narita, E.Wanke, M.Sato, T.Sakanoi, A.Kumada, M.Kamogawa, H.Ishikawa, S.Harada, T.Kameda, F.Tsuchiya, E.Kaneko,“A study of lightning location system (Blitz) based on VLF sferics”, 34th International Conference on Lightning Protection (ICLP), 60,pp.1-6, 2018

[2] 成田知巳,山口寛,武井紹彦,太田浩,「66kV-154kV送電鉄塔におけるカラスの巣の実態と対策評価」,電気学会論文誌B, Vol.136, No.11, pp.833-838, 2016.

[3] 成田知巳,塩田徹,財満英一,石井勝,「落雷位置標定装置(LPATS-T)のパフォーマンス評価」,電気学会論文誌B, Vol.134, No.5, pp.450-455, 2014.

[4] 成田知巳,太田浩,財満英一,石井勝,「UHV鉄構縮小モデルの雷サージ特性とEMTPモデル化」,電気学会論文誌B, Vol.133, No.9, pp.716-722, 2013.

[5] 成田知巳,太田浩,財満英一,石井勝,「雷によるUHV送電線2回線事故の事例解析」,電気学会論文誌B, Vol.133, No.8, pp.685-689, 2013.

[6] T.Narita, S.Yamaguchi, “Efficiency Evaluation of Lightning Fault Inspection in 66-kV Transmission Line", Electrical Engineering in Japan, Wiley Periodicals, Inc., Vol.166, No.2, pp.15-22, 2009.


■マスコミ出演■

(1)NHK国際放送局「BOSAI」の特別番組「あなたの質問にお答えします」に出演。日本の「防災の日」に因んで、世界各地のリスナーたちから寄せられた防災に関する質問に対して、日本の専門家たちが回答する番組。2018年10月10日放送。

(2)テレビ朝日「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」に出演。雷が接近するとラジオにノイズが入ることを解説。2018年8月30日(木)放送。

(3)NHK国際放送局「BOSAI measures for saving yourlife」に出演。雷とは何か、といった基本的なことから、落雷から身を守るためにはどうすればよいのか、またアジア地域の落雷被害の現状などについて解説。17言語にて2018年7月11日放送。9月28日再放送。2019年1月6日再放送。

(4)FMラジオ J-WAVE「クリンスイ モーニングテーブル」に出演。「水をメインテーマに雷雨にまつわる研究エピソード、雷害対策、気象情報などについて解説。2018年8月3日、10日、17日、24日、31日放送。なお、後日出版される予定。

(5)「Lightning sensor inaugurated」、The HINDU紙、2017年11月24日

(6)「After Meghalaya, Vizang gets lightning sensor」、TIME NATION紙、2017年11月24日

(7)「Lightning sensor inaugurated in AU dept」、THE NEW INDIAN EXPRESS紙,2017年11月24日

(8)「Lightning sensor inaugurated」、Eenadu紙、2017年11月24日

(9)「アジアの落雷被害防げ」、東京新聞(神奈川版)、2017年11月12日

(10)人物風土記「世に役立つ落雷研究を」,タウンニュース、2017年10月13日

(11)テレビ朝日の情報バラエティ番組「激レアさんを連れてきた。」に出演。「なぜ落雷事故に遭いながらも助かったか」について解説。2017年10月9日。

(12)「市民参加型の観測網本格稼働」、神奈川新聞、2017年8月27日。

(13)フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」に出演。8月19日に発生した花火大会での落雷被害の解説および日本に初導入した「落雷位置標定システム」について紹介。2017年8月22日。

(14)NHK総合放送、解説委員による「くらし☆解説」に出演。「雷対策の最前線」について解説。2017年8月2日。

(15)テレビ朝日「スーパーJチャンネル」に出演。日本に初導入した「落雷位置標定システム」について紹介された。2017年6月28日。

(16)テレビ朝日の情報バラエティ番組「アップデート大学」に出演。2017年5月17日、「なぜ落雷事故に遭いながらも助かったか」について解説。また、落雷事故から身を守る方法など番組の監修も担当。

(17)「アキバの部品で落雷を観測する湘南工科大教授 成田知巳さん」、朝日新聞(全国版)朝刊 2面「ひと」欄、2017年5月12日

(18)「世界の落雷情報、ネット共有 札幌にも受信機」、北海道新聞、2017年4月24日

(19)「落雷地点 ウェブで瞬時に」、朝日新聞、2017年4月13日

(20)「アジア・オセアニア地域の落雷位置情報、ウェブ上で確認可能に」、電気新聞、2017年4月13日

(21)「落雷検知で世界と協力」、東京新聞、2017年4月8日

(22)研究グループ紹介「湘南工科大学工学部電気電子工学科成田研究所」、電気学会電力・エネルギー部門誌, p.3, 2016.

(23)フジテレビ、朝の情報番組「めざましどようび」に出演。2016年10月15日、「10月12日午後に東京都内で発生した大規模な停電に関する原因分析や復旧時間の早さなどについて解説」

(24)TBSテレビ、朝の情報番組「白熱ライブビビット」に出演。2016年10月13日、「10月12日午後に東京都内で発生した大規模な停電に関する原因分析や対応策などについて解説」

(25)NHK, 「10月12日午後に東京都内で発生した大規模な停電に関する原因分析について」、電話取材, 2016年10月13日

(26)テレビ朝日、朝の情報番組「羽鳥慎一のモーニングショー」、「10月12日午後に東京都内で発生した大規模な停電に関する原因分析や対応策などについて」、電話取材、2016年10月13日

(27)「落雷位置標定システム 超低コスト型 国内初導入」、電気新聞、2016年7月25日

(28)「落雷位置標定システムで防災に」,タウンニュース、2016年8月19日